裂地、好き!

こんにちは。好雪です。


先日、魯山人展に行ってきました。


そこの美術館で売っていた本です。


タイトル通り裂地について書かれてます。


神事や貴族しか着れない高価な布の「切れはし」から、「裂地」と言われるようになったそうです。


生産性の高い塗りや型紙での色付けに比べ、織りで模様が作られているので高価ですが、色が剥げたり抜けたりするのが少ないようです。


私は金糸の入っていない「どんす」という柄布の、上品な光沢と立体感が好きです。


テクスチャー好きにはたまりません!




裂地と言う伝統文化を知らない方は沢山いらっしゃると思います(私も表具を習うまで知りませんでした)。


少しでも皆さんに裂地の美しさをアプローチ出来たらなと(おこがましいですけど・・・)願ってます。


それでは、お読み頂き有り難うございました。       

            好雪